Section1

入れ歯の調子が悪い
入れ歯がはずれやすい
 ずーっと調子よく使っていた入れ歯も、いつしか、がくがくして、はずれやすくなります。歯ぐきと入れ歯が合わなくなっている場合もありますが、入れ歯の噛む面がすり減ることに原因がある場合が多いようです。
 入れ歯の歯は、だいたい、前歯よりも、奥歯が先にすり減りますから、使っているうちに、奥歯同士が噛むのよりも、前歯の方が先に当たるようになります。入れ歯は奥歯で噛んで安定しますから、前歯が先に当たると、はずれやすくなりますね。
 金属の「ひっかけ」や「かぎ」のある義歯は、その部分を締め直せば、良くなる場合もあります。
入れ歯が痛い。
 入れ歯が痛い理由は様々で、僕らも頭を悩ますところです。入れ歯が当たって傷ができると、指でその部分を触っても痛くなります。入れ歯を、少し削ってやるだけで、治る場合もあります。痛いまま、放置していると、痛くない程度に噛めるモノしか、食べたくなくなります。
 歯医者さんへ、治してもらいに行きましょう。
入れ歯を作ったが合わないので、
また、新しく作り直したい。
 新しい入れ歯は、何度も調整しないと、合いません。
 入れ歯が出来上がってからが、本当の調整の始りという先生もいます。できるだけ、たくさん通って、調整してもらいましょう。ただ、何度通っても痛いのが治らないと、また、別の歯科医院で、作ってもらいたくなりますよね。評判の良い歯科医院に移って、新しく入れ歯を作ってもらうのも一つの方法です。歯医者さんを変わられるのは仕方ありませんが、もし、最初の入れ歯が、保険で作った入れ歯なら、半年間は、どこの歯医者さんでも、保険で新しい入れ歯を作ることはできません。最初に作った入れ歯を、いつ、入れてもらったのかは、よく覚えて置きましょう。
市販されている「入れ歯調整剤」は使ってもいいの?
 使うか使わないかは、ご自分のことですから、自分で決めてもらって良いのです。 もし、入れ歯調整剤を利用して、格段に調子よくなれば、それに越したことがないのかもしれません。ただ、ときどき、経験するのですが、市販の調整剤の使い方を誤って、けっこう、悲惨な状況になる方がいらっしゃいます。説明書をよく読んで、正しく使いましょう。
 調整剤は、「よく合っている入れ歯ほど、効果が高い」ものです。逆に、あまり合っていない入れ歯に使用しても、調整剤の効果はあまり期待できません。調整剤に頼る前に、一度、歯医者さんで、確認してもらったほうが良いかもしれませんね。もっとも、調子悪いからといって、すぐ歯医者さんに行くぐらいだったら、市販の調整剤が出回るわけがないのですが・・・・。私たちも力不足なのかもしれません。